勘違いで先生に怒られたら③(相談するときの三つのポイント!)【トレッペの勉強のこと】

勘違いで先生に怒られたときは――

 

 

 

勇気を出して"言い返し"てください

感情的にならない

謝罪を求めない

ことがポイントです。

 

 

 

↓参考ブログ↓ 

勘違いで先生に怒られたら【トレッペの勉強のこと】

勘違いで先生に怒られたら②(先生との対話を諦めるな!)【トレッペの勉強のこと】

 

 

 

でも、"言い返し"ても誤解がとけなければ――

 

 

 

”大人”に相談してください。

大人に、先生と話してもらいましょう。

 

 

 

でも誰かに相談するのって、

とっても勇気がいりますよね。

自分の気持ちがちゃんと伝わるかな?

と不安にもなります。

 

 

 

誰かに相談するときは、

次の三つのポイントを意識してください

 

 

 

 

 

1,一人目であきらめない

 

誰かに相談しても、

軽く流されたり、

「先生の方が正しいんじゃないの?」

なんていわれたらショックですよね。

 

 

 

でも、そこであきらめないでください。

相談しても伝わらないことなんて、よくあることです

 

 

 

一人目で伝わらなければ

他の大人”に相談してください。

 

 

 

 

 

2,ゴールを伝える

 

ゴールは誤解を解く”ことです。

謝罪させることではありません。

 

 

 

相談相手にも、

「先生に謝ってほしいわけではない」

「誤解をときたい」

と、明確にあなたのゴールを伝えましょう

 

 

 

 

 

3,間違えたら謝る

 

逆に、

”……勘違いしているのは自分の方だった!”

と気づく場合もあるかもしれません。

 

 

 

そういう場合は、

すぐに誠実に謝りましょう

 

 

 

じつはこちらが誤解していた

なんて、よくある話です。

誤解したままの関係が続くより、

すっきりさせた方がずっといいです

 

 

 

 

 

一人目であきらめない

ゴールを伝える

間違えたら謝る

 

 

大人に相談するときは、

この三つのポイントを押さえて臨みましょう

 

 

 

勘違いは誰にでもあります。

先生にも、親にも、そしてあなた自身にも。

 

 

 

 

以上、『勘違いで先生に怒られたら③(相談するときの三つのポイント!)』

のブログでした。 

このブログは、トレッペのFacebookページ

https://www.facebook.com/treppe.tama

 

Instagram

https://instagram.com/treppe.tama?igshid=b1g3ullmu6jh

 

Twitterにも挙げています。

https://twitter.com/treppe_tama?s=11

 

 

いいね! いただけるとたいへん励みになります! よろしくお願いいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

勉強は青春だ!!

勉強はつらい修行ではありません。

 

まずは一緒に勉強を楽しみましょう♪

階段式個別指導教室トレッペ

教室長 内海 哲平

TEL:042-400-7573

お問い合わせメール☆http://www.treppe-tama.com/お問い合わせ/