トレッペとは?

 トレッペとは――

 

ドイツ語で、『階段』を意味する単語です。

 

階段式個別指導教室トレッペでは、あなたの将来――あの空の彼方にそびえるお城――へ昇るための『階段』をつくるお手伝いさせてもらいます。

まずは、トレッペの基本となる次の三つの階段を紹介させてください。

 

【最初の階段:まずはしっかりした足場づくり】

 

トレッペの授業は、学年を問わず中学一年生からスタートします。(小学生は最初につまずいた分野を一緒にさがしましょう!)

後戻りするのはこわいけど、ぐらぐらした足場には階段は積めません。

 

勇気を出して、旅の準備を始めましょう!

もちろん、しっかり理解できている単元はスピードアップで進めます。時間を無駄にすることはありません。

 

 

【いままでの階段:過去を白紙にしない指導方法】

情報過多のこの時代。様々な「絶対に正しい」といわれる勉強方法が蔓延し、子どもたちは混乱しています。

トレッペでは、こちらが正しいと思う勉強法を押しつけて過去を白紙にするのではなく、いままでの色をいかした指導をしていきます。

上からの視点で教えるのではなく、周りからあなたをサポートします。

旅の途中で絶対に迷子にさせない。

 

それがトレッペの指導方法です。

 

 

【これからの階段:忘れたくても忘れない。確実に積み上げていく授業時間】

トレッペの一回の授業は、

《授業60分 + 休憩10分 + 宿題30分 = 100分》

で構成されています。

通常の学習塾との大きな違いは、家でやる宿題のほかに、教室で残ってやっていく宿題が出題される点です。

「エビングハウスの忘却曲線」という理論をご存知でしょうか。

人は、覚えたものを20分後に42%忘却し、1時間後には56%をも忘却してしまうという理論です。

 

「がんばっても成績が上がらない」ということは、通常ありえません。ちょっとした工夫で、解決できてしまうものなのです。

 

トレッペの授業で、あなたの将来への階段は確実に積み上がっていきます。